アカウントプロフィール

マックス山本ファクター
アドバイザー歴 16年
年齢 42歳
Twitter @maxYfacter
YouTube M&A STUDIO
アドバイザー登録の経緯 某大手金融機関で法人営業を経験した後に、M&Aアドバイザリーに従事。その後、M&A仲介専門会社へ移籍。仲介業務に5年間従事。
仲介業務の矛盾に気づき、仲介専門会社を経て、大手アドバイザリーファームへ転籍。
M&Aアドバイザリーとして、売上1億円規模の小規模先から100億超の先まで合計50件を超えるアドバイザリーを経験。
その後、M&Aのスポットのエグゼキューションだけでは、顧客への価値提供に限界があると感じ、自身の事業ドメイン拡大を目的としてPB(プライベートバンカー)へ転身。
上記の豊富な業務経験より、創業期から成長期までを支えるフィナンシャルアドバイザーとしての知見を獲得。M&Aエグゼキューションという役務提供だけではなく、バリューアップ(プレMA)→ エグゼキューションサポート → 資産運用(オーナー経営者の資産ポートフォリオマネジメントの助言)という形で、面での役務提供ができる能力を身につけ、幅広く質の高いネットワークを構築。
自身の、中堅中小企業経営者に対する役務提供の経験より「中堅中小企業の経営者にの、質の高い意思決定に貢献したい」という理念より独立。最大のスペシャリティであるM&Aの知見をもとにM&Aスタジオを立ち上げ。
「中堅中小企業のリアルM&Aを漫画で分かりやすく」をコンセプトに日々実務経験に基づく執筆活動を続けている。
実務がありながらもTwitterやYou Tubeなど、現在はさまざまな活動をしているが、M&A相談ドットコムでもM&Aに悩む方にとって有益な回答をしていきたいと思います。
性格 曲がった事が大嫌い。だいたいどんなことでもすぐ変化に対応する。漫画では「オラぁ!」などと言っているが、本当はとてもやさしい。
メッセージ M&A STUDIOの創始者にして、当サイト「M&A相談ドットコム」の運営責任者でもあります。M&Aに悩む人に対し、最短距離で質の高い意思決定を提供する1つの方法として、無料掲示板型の当サイトを立ち上げました。また、M&Aに悩む経営者様だけではなく、現役アドバイザーの方からもご相談にのります。
経営者、運営責任者である前に、私は1人のM&Aアドバイザーです。今後当サイトの登録アドバイザーがどれだけ増えようとも、回答件数No.1を目指して頑張りたいと思います。
何かあればいつでも気軽にお声がけ下さい。
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
M&Aをして失敗したらどうなりますか?(当方売り手)

この質問についても、立場によって失敗の捉え方が異なるという事を最初に述べておきましょう。 また、失敗の定義も非常に曖昧であるなとも感じます。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
M&Aにおける相性とは??

「相性」といいますと、ちょっと抽象的で分かりづらいですよね。 私がアドバイザーをやっている中で、M&Aにおける企業同士の相性というところで考えますと、...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
エムアンドエーの素朴な疑問

いいですねー。こういう素人目線の質問はいいです。 我々はこの仕事ばかりしているので当たり前に思っている事でも、知らない人からすると、これってどうなんだろう?て事はたくさんありますよね。わかりやすく丁寧にレクチャーしたいと思います。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
M&Aのお金の流れについて

こういう具体的な話は皆さん案外関心が強いのでしょうか。 M&Aを巡るお金の流れについてご説明しましょう。 30億というと結構な金額です。私がメインでご対応しているのが株式譲渡対価にして1億円から10億円の規模の中堅中小企業なものですから、正直30億の譲渡対価の案件対応をした事がありません。最大でも20億程度の案件ですね。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
現金がなくても企業を買収することは可能?

基本的に、いつもお伝えする様にM&Aとは投資行為です。 故に、仮に株式譲渡であれば株を購入するわけで、あくまでも自社の内部留保の範囲内で投資すべきであるし、できたら内部留保の3割程度ぐらいを上限に投資を検討してほしい。特に初めての案件で内部留保を上回る過大な投資をするという事は絶対にやめて欲しいと思う。あくまでも屋台骨を揺るがすことが無い範囲の投資に留めて欲しい。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
直接話を進めても大丈夫?

直接的に買収案件発掘ですね。おめでとうございます!と言いたいところですが、色々と注意する点は多くありますね。 まず、そもそもその買収は貴社のビジョン達成の為に必要な買収なのでしょうか。ビジネス的にどう言った相乗効果が得られるのでしょうか。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
M&Aの成功率って一体どの程度なんでしょうか

成功率を論じる上では、中堅中小企業のM&Aにおける成功の定義が必要になろうかと思う。他のコーナーでご説明したが、中堅中小企業のM&Aにおける成功とは、売り手・買い手から見た目線によってその定義は大きく異なると思う。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
日本企業の海外買収の成功率は低いのになぜやるのか

私は、中堅中小企業の国内案件のアドバイザリーに特化しておりクロスボーダーの事案を扱った事がない為、具体的なディール経験に基づく見解を述べる事はできません。しかし、日本企業が海外企業買収を検討する理由はいくつか考えられると思います。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
いわゆる「M&A保険」について教えてください

M&Aにおいては、売り手と買い手は一般的には相互に二回契約書を締結する事となる。すなわち、基本合意契約と株式譲渡契約、この二つである。 基本合意契約書は、一部の項目しか法的拘束力を持たない仮の契約となる。しかし我々がディールマネジメントする場合は、この時点で大半の論点を押させて基本合意契約書に織り込んでおく事が多い。...

2021年1月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年1月16日 30
いいね!をもらった
コロナの影響でM&A市場は変わったのか

売り手市場を、売り手にとって売却交渉上有利な市場、買い手市場をその逆であると定義するとするなら、コロナの影響によって買い手市場になったと私は思いません。...

2021年1月16日 5
もっと読み込む