アカウントプロフィール

アタッシュケース飯尾
アドバイザー歴 10年
アドバイザー登録の経緯 M&Aスタジオの動画を拝見し、またHPを拝見し、その理念的な部分に共感したため。
性格 誠実
メッセージ M&Aは情報の非対称性が高いビジネスですが、特に売り手経営者の立場に立って有用な情報を発信していければと考えています。よろしくお願いします。
ベストアンサーに選ばれました
2021年8月20日 30
いいね!をもらった
2021年8月20日 5
いいね!をもらった
2021年8月20日 5
いいね!をもらった
仲介アドバイザーのせいで大損しました

そもそもですが、具体的にどういった損をされたのかわからないとなんともコメントができないですね。 一方、アドバイザーとの契約に基づく権利義務関係については、アドバイザリー契約書に明記されています。それに基づいて判断という事になるかと思います。

2021年8月16日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年8月15日 30
いいね!をもらった
2021年8月15日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年8月15日 30
いいね!をもらった
5年後・10年後のM&A業界について

マーケットの拡大と共に、プレイヤーも増加するでしょうね。 今ほど高い手数料が収受できなくなるだろうという人もいますが、正直5年後までも見えないぐらい、業界の成長速度は早いですね。

2021年8月15日 5
いいね!をもらった
M&A業界ってどんな感じで営業しているのでしょうか?

M&A業界の営業は大きく分けて、売りと買いに分けられると思います。 また、その中でも、ダイレクト営業とルート営業に大別できると思います。...

2021年8月15日 5
いいね!をもらった
2021年8月15日 5
いいね!をもらった
2021年8月15日 5
ベストアンサーに選ばれました
2021年8月14日 30
いいね!をもらった
2021年8月14日 5
いいね!をもらった
リアル絵画とNFT資産の評価(方法)に違いがあるならその違いを教えて下さい。

すいません。その様な事案には私は関わった事が無いのですが、あくまでも市場で流通している時価をベースに価格決定されるでしょうね。 仮にその価格が簿価対比で含み益があるが、売り手と買い手で合意出来ないなら、売り手が譲渡後に譲渡対象企業から現物を簿価で買い取る事で解決できる様に思います。

2021年8月14日 5
いいね!をもらった
2021年8月14日 5
いいね!をもらった
2021年8月14日 5
いいね!をもらった
M&A業界への就職を考えておりますが、M&Aアドバイザーはやはり激務ですか?

私はどんな仕事をすることになったとしても、10年くらいは激務でいいかなと思っています。 →この覚悟があるなら、M&Aアドバイザーの仕事は良いと思います。...

2021年8月14日 5
回答しました
反市場勢力とされる企業を見抜くコツはありますか?

最近は、反社会勢力といっても、非常に見分けがつきにくくなっていますよね。 故に、案件は出所が大切だと思っています。 例えば、某地銀の支店と長く取引している様な先は、反社会勢力である可能性は極めて低いですよね。...

2021年8月7日 10
回答しました
仲介(専門会社)を通してM&Aをしてトラブルが発生した際の専門会社の責任範囲について

ご指摘の事象に関しては、当該アドバイザーが売り手のそういった実態を知っていて虚偽の報告をしたか、あるいは知らなかったかが争点になると思います。...

2021年8月7日 10
回答しました
大手のM&A案件も絶対にアドバイザーがつくものですか?

その様な規模では、大半の事案においてFAという形で、売り手と買い手がそれぞれアドバイザーをつけている事が大半であると思います。

2021年8月7日 10
もっと読み込む