アカウントプロフィール

吉川将平
アドバイザー歴 1年
アドバイザー登録の経緯 マックスさんの想い、信念に共感したため。
セカンドオピニオンを中心に創業していたところ、M&Aスタジオさんの事業や漫画に描かれている世界観に(勝手ながら)通ずるものがあると感じ、アドバイザーの登録に至ります。 すべての中小企業に最高のM&Aサービスを届けたい。
逆に言えば最高のM&Aサービスはなかなか中小企業に届いていない現状に課題を感じ、より広く多くの方に知見を提供したい想いでアドバイザーを行っています。
性格 何事もメリハリ・優先度をつけます。通り一遍の回答や提案は申し上げません。 何を大切にされたいのか、踏み込んでお尋ねしますので、大切にされたい想いがおありの方が相性が良いと思っております。
もちろん、現時点で明確になっていなくても構いません。丁寧にヒアリングいたします。
逆に、「何でも良いから売りたい」「いろいろな業者に並列して競争させたい」といった方は合わないかもしれません。
メッセージ すべての中小企業オーナー様に最高のM&Aサービスを届けるべく、どのようなM&Aのお悩みでも解消できる相談窓口を目指しています。
逆に言えば、現在はすべての中小企業オーナー様に最高のM&Aサービスは提供されておりません。

前職では買い手企業のM&A担当者として、売りたい会社を探すところから、M&A案件の執行統括、経営統合、グループ化した後の経営管理などを行っていました。 M&A担当者である私の元には日々多くの仲介会社が営業してきます。その中で、会社が売り物のように乱雑に扱われる実態を見て、違和感を抱きました。実害としても、売り案件の情報が出回る、交渉における齟齬から売り手と買い手の信頼関係に傷を残すといった局面も現場で体験しました。

調べてみると、M&Aニーズが急拡大する中、参入企業が増え、玉石混交の事業者が入り乱れているという背景が実態として分かりました。このような環境下ではM&Aが初めてである売り手側が事業者の良し悪しを見分けるのは困難を極めます。そのため、適切な事業者を選別できる第三者機関としての中間事業者が必要と考え、セカンドオピニオンを中心としたアドバイザーを始めました。

どんなお悩みでも構いません。特に得意とするところは「仲介会社の担当者のレベル診断」「M&A会社の裏事情トーク」「仲介会社に提示された企業価値の妥当性」「買い手や仲介会社が言ってくることの背景診断」などです。
相談主様に寄り添って懇切丁寧にお伝えします。お気軽にご相談ください。
日経新聞 M&A One、事業売却にセカンドオピニオン
日本経済新聞 M&A One、事業売却にセカンドオピニオン https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC25D9L0V20C21A8000000/
会社名 M&A One株式会社
会社URL https://maone.jp/
ごめんなさい! 質問は見つかりませんでした。