1

先日、こんな事件がありました。
ビットコインで1000万円不正入手か 元社員 パスワード入手
https://www.fnn.jp/articles/-/146280
何らかの理由で、ビットコインを会社で所有しているケースも結構あると思いますが、仮に、その会社の資産比率でビットコインが巨額だった場合、このような特殊な資産はM&Aの際はどのように扱われるのでしょうか?
会社を買収あるいは売却した翌日にビットコインが1日で40%の大幅下落なんてこともあるかと思います。(もちろんその逆もありますが)
契約合意時の価格で計上されるのでしょうか?
あるいは乱高下する資産はネガティブに捉えられ、相場より低めに見積もられるのでしょうか?
今後、法人でビットコインなどの暗号資産を保有するケースは増加するものと思われます。
是非、プロのアドバイザーの皆様のご意見をお聞きできればと思います。

この質問はベストアンサーが選択されたため解決済としました!
ベストアンサーとして選択しました