第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース

知ってるか知らないかの差ってこの作品を見ると本当に大きいなと感じます。株式譲渡価格の相場観なんて、単独のアドバイザーの話だけを聞いていようものなら養われるはずは無いです。

大手専門会社こそ、ある程度納得感や妥当性のある企業価値評価を出してくるのかも知れませんが、それも決して絶対的な数値では無いです。

今回の事例では、譲渡時に気をつけるポイントが三つ示されていると思う。

一つ目が、自社の譲渡価格の適正価格を知るべきという事。二つ目が、価格の妥当性を知る意味でも複数社と交渉する方が望ましいということ。三つ目が株式譲渡と事業譲渡のスキームの違いにより課税関係が異なる事。いずれも譲渡側の株主には抑えておいて欲しい情報である。

第212話を今すぐ漫画で読む

第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース
第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース

第212話を今すぐ動画で視聴する

「第212話 悔やんでも悔やみ切れない知見がない為に無茶苦茶安値で会社を売っちゃったケース」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第212話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。