第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは

M&Aアドバイザリーの対応形態は大きく分けて、FA形式か、仲介形式かこの二つに大別される。中堅中小企業の国内M&Aにおいては8割程が仲介形式で実行されているイメージを持つ。FA形式、仲介形式共にそれぞれメリットデメリットを持ち、どちらが正しいあるいは適切だという事は断定が難しい。
大切な事はアドバイザリーのユーザーである売り手経営者に対して正しく選択肢が提供されているかという事であると考える。

今回のケースも、大手専門会社から仲介形式の提案がある事を受けて横浜銀蝿銀行の担当者がF A形式での受託を目論みその利点だけを説明したところマックスの怒りの鉄槌を喰らう事となる。

取引をスムーズに進めるにおいて、仲介者の役割が大きく有効であるという事は、これもまた事実である。一般的に考えてF A形式よりも仲介形式の方が成約までのリードタイムが短くなるという事も仲介者の役割に負うところが大きいだろう。バランス感覚のある仲介者を入れて進める事は本件で述べる様なメリットも大いにあるのだ。そこにバックアドバイザーをつける様な進め方も一つだと我々M&Aスタジオはご提案している。

第200話を今すぐ漫画で読む

第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは
第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは

第200話を今すぐ動画で視聴する

「第200話 FA形式と比較した仲介形式のメリットとは」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第200話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。