第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託

第27話 専務の不祥事〜飼い犬に噛まれるという事〜
この作品をご覧になった方も多くいらっしゃるのかも知れない。そう、売り手企業で専務をしていたゲスな専務こと、小瀬村である。
なんとこの小瀬村が、M&Aスタジオに入社したというのだ。そして今回、玉田社長からの売りの相談のオファーを受けて、懐かしい訛りとともに登場したという経緯である。

今回の売り手社長である玉田社長は、自社の株価について、フェアバリューを大きく上回る期待を抱いている。大手専門会社の試算で3億円ぐらいの価格に対して10億円を希望しているのだから、それは一目瞭然だ。
その玉田社長に対して、小瀬村はとにかく口八丁手八丁で売りのアドバイザリーを取ろうと襲い掛かる時にマックスの怒りの鉄槌がくだる。

売り受託時点で、売り手の期待値をしっかりと適切にコントロールする事は、案件の仕入れ時に非常に重要な取り組みであると言える。特に、新人アドバイザーの方は肝に命じてほしい。

第196話を今すぐ漫画で読む

第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託①
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託②
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託③
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託④
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託⑤
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託⑥
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託⑦
第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託⑧

第196話を今すぐ動画で視聴する

「第196話 駆け出しアドバイザーの下手糞な売り受託」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第196話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。