第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~

さあ、今回はMスタ初の女性キャラの登場である。しかも巨乳である。

今回は、株式価値評価に関する話。現在中堅中小企業の仲介業者における株式価値評価は、時価純資産に過去実績の利益をベースにした営業権を付加する、純資産営業権法が主流である。

今回、エンドランは株式価値評価の依頼を受け、オーソドックスな評価手法である純資産営業権法で株式を評価。
一方、マドモアゼル美容製造は新商品のリリースで向こう数年の事業計画の実現可能性の蓋然性が高い状態にあった。

FAだからDCFやマルチプル法でバリュエーションするという事では無い。仲介会社においても企業価値評価に、その様な手法を用いるケースも当然存在する。
大切な事は、そのクライアントに応じて納得感のある企業価値評価手法を用いる事であると考える。特にDCFを用いる場合は、その実現可能性が重要となるので、絵に描いた餅の様な事業計画を基礎に算定した場合、価格の根底根拠が疑われる為、注意が必要だ。

第190話を今すぐ漫画で読む

第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~①
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~②
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~③
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~④
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~⑤
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~⑥
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~⑦
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~⑧
第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~⑨

第190話を今すぐ動画で視聴する

「第190話 脳筋仲介野郎とFA巨乳の対決~株式価値評価に関する考え方~」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第190話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。