第185話 資本構成には細心の注意を払え

会社の所有権は、株主に帰属する。故に、中堅中小企業においても、株式の譲渡対価は株主に帰属するという事である。

今回の事案は、オーナー経営者である猿岡社長が、将来的に事業を娘である猿岡美奈子に承継するという前提で、株式を全体の70%にわたり移転を完了していたところ、その娘がホストに入れあげた結果、猿岡社長が娘を勘当した後、M&Aによる株式譲渡を決断したという話である。

当初、猿岡社長は株式を移転はしたものの、全て自分の裁量で譲渡した為、その譲渡対価は自分に帰属するという意味不明なロジックを展開しているが、マックスの怒りの鉄槌が下る。
そう、株式を贈与であれ、譲渡であれ移転した以上は所有権は相手に帰属するのである。

一方、そういった事象に対しても、退職金の支給による株価引き下げと同時に娘から株式を買い取るというスキームを提案し即座に解決策を提示する辺り、マックスはさすがプロフェッショナルと感じざるを得ない。

第185話を今すぐ漫画で読む

第185話 資本構成には細心の注意を払え①
第185話 資本構成には細心の注意を払え②
第185話 資本構成には細心の注意を払え③
第185話 資本構成には細心の注意を払え④
第185話 資本構成には細心の注意を払え⑤
第185話 資本構成には細心の注意を払え⑥
第185話 資本構成には細心の注意を払え⑦
第185話 資本構成には細心の注意を払え⑧

第185話を今すぐ動画で視聴する

「第185話 資本構成には細心の注意を払え」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第185話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。