第147話 不誠実の代償は高くつく

M&Aというのはヒト・モノ・カネ・情報の塊である会社をそれ毎譲渡するという事である。いう必要のないことは黙っておけば良いのではないか?とあなたは思うかもしれないが、私が今まで数多くのディールを見てきた限りにおいていうと、そういった秘密にしていた事は大体明るみに出て、後々にトラブルの種になる事が多い。

故に我々アドバイザーは、最初のマネジメントインタビューの時に、経営者に直接、会社に関するかなり細かい点についてもインタビューを実施し、そこで何か問題がある事は全部お話いただきたい旨をお伝えするようにしている。しかし、インタビュアーが初心者の場合、どうしても実務経験の乏しさから、ヒアリング内容が形式的になり、肝心な部分の確認ができていないケースも少なくない。

今回の事案は、ディールの最終局面において、譲渡企業の社長の脱税が発覚してディールがブレイクするという事案である。追徴課税により株式価値が毀損するという事以上に、このように重要な事を最終局面まで黙っているという経営者の信用に傷がついた事案と言える。

M&Aを進めるにあたっては、アドバイザーを信頼し、全てをさらけ出す覚悟で臨まないといけない。また、その情報を料理するのもアドバイザーである以上、アドバイザーの選定というのはM&Aの意思決定プロセスの中で重要なウエイトを占めると言える。

第147話を今すぐ漫画で読む

第147話 不誠実の代償は高くつく①
第147話 不誠実の代償は高くつく②
第147話 不誠実の代償は高くつく③
第147話 不誠実の代償は高くつく④
第147話 不誠実の代償は高くつく⑤
第147話 不誠実の代償は高くつく⑥

第147話を今すぐ動画で視聴する

「第147話 不誠実の代償は高くつく」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第147話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。