第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌

人手不足の業界は多い。というか、中堅中小企業は大企業と異なり、年中慢性的に人手不足なのではないだろうか。その中でも顕著に人手不足が目立つのが、今回相談のあったソフトウェア業界である。

同業界は、インフォメーションテクノロジーの進化に伴い年々需要が拡大し続けている業界である事はご存知の通りかと思う。一方、その需要に対して、供給側であるエンジニアの数が圧倒的に足りていないという状況である。

今回、株式会社パタリロの畑社長は、この経営課題の解決の為に企業買収を決断し、マックス山本ファクターへ相談を依頼。意を決しての相談であったが、その希望虚しくマックスから怒りの鉄槌を食らう事となる。

マックスは、経営者がM&Aを通じてその経営者が何を成し遂げたいか、その想いに再度寄り添う。そもそも今回、畑社長がM&Aの活用の検討に至った理由は何なのかと。売りとか、買うとかではないのではないかと。自社の存続と発展の為に、M&Aの活用は、決して買う事だけではなく、売るという選択肢もあるのだという事を怒りの鉄槌共に提示している。

何の為にM&Aを活用するのか。企業としてどういった戦略目標を達成する為なのか。この視座でM&Aというものをリフレイミングじて考える事は大事な事であると考えるところである。

第127話を今すぐ漫画で読む

第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌②
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌③
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌④
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌⑤
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌⑥
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌⑦
第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌⑧

第127話を今すぐ動画で視聴する

「第127話 人材確保を目的に赤字企業買収を目論むIT企業経営者に怒りの鉄槌」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第127話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。