第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜

今まで再三お伝えしてきたが、昨今の中堅中小企業におけるM&A仲介業務においては、いかに良質な譲渡案件を受託するかという事が一番の業務進展の肝となっている。仲介者は良い案件を受託し、案件化と呼ばれる情報整理を実施する。そこで整理された企業概要書を買い手へ持ち込めば、案件の内容が良ければ買いのアドバイザリー契約を締結する事ができるというのが実態である。

専門会社においても、入社一年以内の、まともにM&Aのディールを知らないような若手がガンガンアドバイザリー契約を締結する様な話も聞くのだが、これについては私は非常に問題意識を感じている。

繰り返すが、譲渡案件の内容が良いければ買いのアドバイザリーは入ってしまう。しかし考えて欲しい、仲介であっても、仲介者は買い手のアドバイザーも担当するのである。今回マックスがブチ切れながら話をしているが、本来的には、着手金を受領する前に、しっかりと必要な情報を整理した上で、アドバイザリー契約締結においても、より質の高い意思決定がなされるべきだと私は考える。事実、買収を複数件実行し成功に導いている買い手は、ポイントを心得ているので、着手金支払い前に必要な情報を集めた上で意思決定している。

今後マーケットの拡大によって、下手くそな仲介者は増加の一途だろう。我々のバックアドバイザリーは、今後益々価値を持ってくると考えている。

第116話を今すぐ漫画で読む

第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜①
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜②
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜③
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜④
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜⑤
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜⑥
第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜⑦

第116話を今すぐ動画で視聴する

「第116話 買い手の不満〜下手クソな仲介者の買い提案に喝〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第116話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。