第84話 効果的なトップ面談の実例

自身が駆け出しの頃は、トップ面談の目的や意図など何も考えずに、ただひたすら売り手企業の社長及び、買い手企業の社長に対して「お顔合わせだけですので、あまり詳しい話は不要ですよ、特に条件面の話はやめてください」という当たり障りの無い話をしていた。

一方、場数を踏むに連れて、トップ面談後円滑に基本合意契約締結に至る事案というディールがあるなと気付くようになった。
そういったディールには共通点がある様に思う。

商売のセンスに長けた、天才的な創業社長は、この辺りを誰の指南もなく、非常に良いバランスでやってのける。が、これを言語化するのは非常に難しい事であるなとかねてから思っていた。
第84話では、そのエッセンスの一部を、なんとか漫画で分かりやすくお伝えしようと思いシナリオを執筆した。
何事もそうだが、ビジネスを円滑に進める為には相手を知る事は必要不可欠であり、それを踏まえてトップ面談で買い手は、いかに相手に本取引がWINWINの取引であるという事を効果的に伝える事が重要であると考える。
WINWINの中身が非常に深くて、何がWINで何がLOSEかというのは相手によって異なる。故に相手を知る事が重要だし、また、仲介者がいる場合は、その仲介者が相手を深く理解しているという事が重要であると考える。

第84話を今すぐ漫画で読む

第84話 効果的なトップ面談の実例①
第84話 効果的なトップ面談の実例②
第84話 効果的なトップ面談の実例③
第84話 効果的なトップ面談の実例④
第84話 効果的なトップ面談の実例⑤
第84話 効果的なトップ面談の実例⑥
第84話 効果的なトップ面談の実例⑦

第84話を今すぐ動画で視聴する

「第84話 効果的なトップ面談の実例」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第84話をYouTubeで視聴する

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。